世界ふれあい街歩き ティンプー~ブータン~

ヒマラヤに囲まれたブータン王国の首都ティンプーは、標高2400メートルの盆地に開けた街。川沿いメインストリートを中心に、仏教様式の建物が並び、子どもから大人まで日本の着物に似た民族衣装の人々がゆったりと歩いています。

建物には伝統的な装飾をつけること、学生や公務員は伝統衣装を身につけることなど、「伝統」を守ることが国の大切な決まり。またこの街は世界で唯一の「信号機のない首都」でもあります。警官が交通整理にあたりますが、皆、譲り合うので混乱はないのだとか。路地を歩けば、子守りや糸紡ぎをしながらあちこちで井戸端会議が。
一方男たちは、歌ったり踊ったりしながら日がな一日弓矢の腕を競い合います。

国王の提唱する「GNPよりGNH(国民総幸福量)の国づくり」が定着し、「今自分は幸福」と感じる人が90%を超えるといいます。
人々の素朴な笑顔や生活に深く根付いた伝統と信仰に触れながら、幸せの意味をかみしめる街歩きです。

番組名:世界ふれあい街歩き ティンプー~ブータン~
放送予定日:2011年02月20日
放送局:NHK BS hi